白黒ノ時雨 -小説館-

自作・二次創作小説館です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モンスターハンター二次創作小説『炎の山の狩人たち』
Chapter1-4




Chapter1-4『火山の巨岩』



クエストボードに目をやると、いつもの倍以上はあるかというクエストカードがびっしり貼られていた。

『いいクエストが取られてしまう』というジンの予想は外れたわけだ。

そのクエストカードを一つ一つ見ていると、

「ジン、久しぶり!風邪引かなかった?」

という声。

集会所の受付嬢にして、看板娘のレビィだ。

「あぁ。暇すぎて体がなまったけどな。」

「雨のせいでこっちは商売上がったりだったけど、皆来てくれてよかったわ。」

「はは。なら今日はレビィのオススメのクエストに行くとするか。」

「ホント!?ふふふ…出来るだけ素材が高く売れるもの…。覚悟してなさい!」
 
「ははは…。お手柔らかに頼むぜ。今日は俺とレオン、ゼロ、レイの四人だ。」

「おっけ~」

レビィは手元の手帳をぱらぱら捲る。

そこには幾つもの付箋が付けられており、クエストカードやら、注文伝票やら、一概には言い切れないレビィの仕事が詰まっていた。

レビィとジンは幼馴染、そして彼女もレオン同様、ジンと同い年だ。

飛竜やハンターのことは何も解らないが、クエストの情報はハンター以上に詳しい。
 
そしてレビィはハンターたちに絶大な人気がある。

気前もよく、物腰柔らかで優しい彼女は―――

「ところでジン、今度街に行かない?お買い物とか、ごはんとか…」

―――ジンにほのかな恋心を抱いていた。

「ん?戦闘街での狩猟は、俺はハンターランク3だから受けられないぞ?」

「………」

「ん?どうしたんだ?」

「うむぅ~…レオンくんはガンランサーだよね。んじゃ、これなんかどぉ?」
 
と言いながら、レビィは1枚のクエストカードをクエストリストから取り出し、ジンに手渡した。
 
そこにはこう書いてあった。
 


「南方の富豪:
 
 娘の誕生日のために、首飾りを送りたく、上質なクリスタルが欲しい。
 
 しかし火山には、岩のようなワイバーンの幼体、バサルモスがいて、採掘に行くのは危険すぎる。
 
 バサルモスを倒して欲しい。

 あ、ついでに鉱石も取ってきてくれたら楽だな~なんて…

 報酬金:4800z 契約金:600z」
 


「バサルモスだから、太刀のジンには天敵だけど…」

レビィはジンを想ってか、少し申し訳なさそうに言った。

「でもガンランスと弓とハンマーには最適だな。レビィ、これ受注するよ。」

ふぅ、とレビィはひとつため息をついた。

どこまでも仲間想いなリーダーに、呆れたわけではなかった。

「分かったわ。くれぐれも気をつけてね。一週間、火山は無法地帯になってたわけだから。」

ボルカ村の承認印がクエストカードにでかでかと押された。

「気をつけるよ。」そう言うと、ジンはレオンたちのほうを振り向いた。

「みんな。バサルモスだが…いいか?」

「いいぞ」「勿論です」「賛成ぇ!」

皆が口々に言いながら、ジンを先頭に集会所の出口へと向かう。

「あっ…」

慌ててレビィが叫んだ。

「みんな!ジン!馬車は火山行きの白毛のナツの馬車だよ!」

「わかった!」

レイがもっと大きな声で答えた。

「みんな気をつけてね~!!」

レビィの声が響いた。


4人が馬車乗り場に行くと、白い毛の猫が鼻ちょうちんを作って居眠りをしていた。
 
その白猫を、ゼロが揺さぶり起こす。
 
「ん……んニャ!寝てないニャ!!あんたらかニャ?!火山行きは。」
 
「いや、誰も寝てただろとか言ってねぇ…つーか、寝てたじゃねぇか!」



「ナツくん、本日は火山までの道のり、宜しくおねがいします。」

皆が乗り込むとき、レオンが言った。

「おう!任せろニャ!」
 
レオンが猫に対しても丁寧な口調で話し、ネコは偉そうに返答する。

ジンは少し笑ってしまった。
 
馬車と言っても、正式には『獣車』もしくは『竜車』と呼ぶべきなのだろう。

ただ皆が『獣車』という言葉が言いにくいのと、『竜車』だと飛竜を連想してしまうから、だそうだ。

原動力はアプトノスで、馬よりかは格段に遅いが、持久力もパワーもある。
 

三時間も経たないうちに、火山地帯のギルド指定キャンプに到着した。

眠らない山、レンスボロック山。

此処へ来れば誰もが、その生きる山――自ら拍動する山を肌で感じる。

それは『山そのものが龍なのでは』とまがうほどだった。


ジンたちは走り出す。

キャンプを出てすぐから、巨大なドームのような洞窟状のエリア。

溶岩がせめぎ合いながら所々に流れている。

むせ返るような悪臭と、立ち込める熱気だけで、慣れない人間――少なくともハンターでなければまさに此処は地獄なのだ。

そのハンターとて、慣れぬうちはその息苦しさから体が思うように動かず、思わぬ苦戦を強いられることも少なくない。
 

「とりあえず…分かってると思うがバサルモスは普通は土に隠れてる。」

洞窟に入って、初めて口を開いたのはジンだった。

「―――だから“コレ”を使う。」

『千里眼の薬』という、特殊な薬品のビンをポーチから取り出し、ふたを開けた。

ビン1本分を全て飲みほすと、奇妙な味がのどに刺さった。

それとともに、不思議な感覚が全身に走る。

五感が極限まで引き出され、竜の鼓動が間近で聞こえてくる…竜の動きが、手に取る様に伝わってくるのだ。

竜の特殊な血の流れに反応する、古くから伝わる特殊な薬品。

それが『千里眼の薬』だ。

「あの出口の先の、もう一つ向こうのエリアだ…」

指を差したジンは、まるで超能力者のようだ。

ジンの言葉を聞き、全員がいっせいに目的地へ駆け出した。


洞窟を抜け出すと、そこには大きく拓けた大地が広がっていた。

池のような煮えたぎるマグマから、川のように溶岩が流れ出している。

溶岩の川に近寄るだけで、体力が奪われてしまう。

そんな危険な場所でも、バサルモスは堅い甲殻を纏って、顔色変えることなく生息している。

マグマの海をはさんだ向こう側は、こちらよりもっと広くなっていた。

そこを見渡す。

黒い火山灰の大地に似つかわしくない、鈍い白をした大きな岩が、ポツンと埋まっているのが見えた。



「あれか…」









モンスターハンター二次創作小説『炎の山の狩人たち』
スポンサーサイト

| Chapter1 | 10:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

攻城戦史(跡地)
このページはラグナロクオンラインのTyrサーバーで行われている
GVG(攻城戦)の結果を集計し統計を取り公開しています。
Tyr 攻城戦史は移転しました。
以下のURLにブックマークの変更をお願いいたします。
http://ragnarok-search.net/tbpcount.cgi?id=2007111517344986&url=http://www.livedoor-bbs.com/pics0216/0216.zip

| 月華姫 | 2008/04/09 17:17 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ※ | 2008/04/09 17:18 | URL | ≫ EDIT

味見してやったwww

女のオナニーを間近で見た感想だけど、ぶっちゃけスゲー興奮した!!!
10人ぐらい見たんだけど、同じ女でも全然やり方違うんだな!!
http://nanoref.com/gooo55/-Q0VzQ/bdqsjn8

| キョウ | 2008/04/28 11:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://888constantine888.blog110.fc2.com/tb.php/7-f2a3c4f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。